加工品目一覧

トムソン加工

トムソン加工
トムソン加工とは、刃を組み込んだ木型を使って、紙を複雑な形にカットしたり、ミシン目や折りスジを入れたり、凸凹(デコボコ)を付ける事。子供向けの教材やペーパークラフト、ポップやパッケージ、飛出す(仕掛け)絵本を作るのに欠かせない技術です。
また木型の内製化により、低コスト、短納期を実現しています。
詳細はこちら

レーザー加工

レーザー加工
精細で付加価値の高い加工を可能にするレーザーカット&レーザーマーキングは、紙・アクリル・木材など多様な素材に対応。デザインカット名刺・しおり・ウエディングアイテム・コースターなどなど、多様な用途が広がります。
詳細はこちら

オーダーメイド製作例

商品開発をご一緒に
三協紙工が得意とするのは、トムソン+レーザー加工によって、簡単なミシン目から複雑な形のカットまで、ひとつひとつの行程を組み合わせて「新しい製品を誕生させる」その図面・工程の設計と技術です。私たちの技術と蓄積したノウハウに皆さんのアイデアをプラスして、提案型の商品を開発しませんか。
詳細はこちら

三協紙工 私たちの想い

「もの作り」に必要なのは、製品に対する想いをしっかりと持って臨むこと。
「もの作り」に必要なのは、製品に対する想いをしっかり持って臨むこと。

商売の基本は、なんといってもお客さんがあってこそ。
供給が出来ても、技術が高くても、需要が無ければ何もならない。そういった厳しい状況の中で、これから生き残っていく為には「お客さんに選んでもらえること」そして、社会に必要とされている会社にならなければならない。そのためには、日々のひとつひとつの作業を丁寧にきっちりやっていくこと、それ以外に方法はないと思っています。

単に加工の技術を売るのではなくて、良い製品を作るという事。「あそこに仕事を出せばちゃんときちんとやってくれるんだ」というイメージを確実に持ってもらえるように作業していくということを大切にしてます。

例えば、ちょっとした加工でも、仕上りを良いものにするためには「こうしていかなければならない」とか「こういう風にした方が良い」など、より良い製品提供をするために、きちんとこだわりを持って作業をしていく。

製品の加工は、たくさんの工程が合わさって品物が出来上がって行くんですが、その行程のひとつひとつをとってみると、やってること自体は至ってシンプルなことなんです。
だから、シンプルであるが故にちょっとでも手を抜いてしまうと、それが製品に出てきてしまう。形として目に見えてしまうという事なんです。

これは手を抜いても、逆に手を抜かずにちゃんときっちりとした仕事しても、形として眼に見えてしまうということ。私達がやっている仕事というのは、そういったものだと思っています。

なので、じっくりと腰を据えて取り組む。単純な作業の中にも、しっかりと意識を持って仕事に臨む。それが「もの作り」に携わる仕事をする中で、クオリティを高めていくということに有効な、たった一つの事と思っています。

ページトップに戻る